スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
花粉症の減感作療法
今日の朝日新聞に載っていた記事。

「花粉症 原因物質食べて治療」~2年で7割の人改善」
花粉症の原因物質をあらかじめ口から投与すると、7割の人で花粉症の症状が抑えられた。
東京都がこんな研究結果をまとめた。
根治も期待できるといい、都は国などに実用化を働きかける。 
都によると、花粉症を引き起こすのは花粉に含まれる抗原と呼ばれる物質。
これが体に入ると、免疫反応が過剰になって鼻水やくしゃみが出たり、目がかゆくなったりする。 
都は抗原を体内に取り込んで体を慣らし、免疫反応を抑える「減感作療法」のひとつとして、日本医科大と共同で06年夏から実験を始めた。
花粉症の症状がある142人の舌の下に、スギ花粉の抗原を含ませた約1センチ角のパン片を置いて投与するもので、期間は2年間。
1日1回2分間で最初は毎日投与し、次第に濃度を濃くして回数を減らした。 
その結果、100人の症状が改善した。花粉飛散期に常に鼻が詰まっていた重症者は28%から4%に激減。
ほとんど症状が出ない人は逆に5%から20%に増えた。
今年の都内の花粉飛散量は06比で約6倍だったので、都は「効果は飛散量に左右されない」としている。
同様の研究で、100人以上の患者データを同時に集めた実験は国内では初めてという。 」
(以上、朝日新聞記事を引用)

これって、あえてその原因となるものを体内に取り込む、というのはホメオパシー的考え方ですよね~。
舌の下に2~3分置く、というのも。
花粉抗原の含まれたパンをそのままパクっと食べちゃって、すぐに飲み込むわけではない…のが、なんともホメオパシー的ですよね。
だって、もしただ花粉を体内に取り入れればいい、のだったら、そのまますぐに食べちゃえばいいのではないかな、と思いませんか。
この実験の場合は、「どんどん濃度を濃くしてゆく」そうですが…。
ホメオパシーの場合は、原因の物質そのものではなく、その物質のエネルギーを使うので成分として検出されないぐらい薄~いのですが。
この実験で、「どんどん濃度を薄くしてゆく」パターンでもやってみて欲しいなぁ。
実は、結果は同じ、かもしれませんよ?!

なににしろ、お薬を使って症状を押さえつけるのではなく、根本から治る!ようなので、
花粉症でつらい人には期待大ですね~。


読んでくださってどうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。ポチっと一押しよろしくね☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ:健康 - ジャンル:心と身体

【2009/11/04 21:47】 | からだ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<涙腺弱子 | ホーム | ご予約開始>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lotusdew.blog95.fc2.com/tb.php/750-252a4c1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
蓮の花 ~Sharing Happiness


フラワーエッセンスやクリスタルなどによるヒーリングをしています。日常での小さな幸せ、気づいたこと、などなど。 幸せ探しのお手伝い☆

プロフィール

hugmi

Author:hugmi
フラワーエッセンス、クリスタル・ヒーリングなど
優しい癒しが好きです。
きらきらとした毎日をおくるためのお手伝いをさせていただきます。

ヒーリングサロン Lotus Room
http://www.lotus-room.com/

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ワンクリック募金

イーココロ!

BLOG MOON

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最近のトラックバック

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カウンター

ブログラム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。